番組

放送内容のご案内 [やまなし発見! 太郎ちゃんゼミナール #5 ミステリー小説と山梨(6月29日)]

やまなし発見! 太郎ちゃんゼミナール #5 ミステリー小説と山梨

ミステリー小説に山梨の温泉地が登場

ミステリー小説に山梨の温泉地が登場
今回の「太郎ちゃんゼミナール」は、
ミステリー小説と山梨の関係をお勉強しました。
ミステリーの大御所 松本清張の代表作の一つ「ゼロの焦点」には
主人公の夫婦が新婚旅行で甲府市の湯村温泉を訪れ
翌日、昇仙峡に紅葉見学に行っているんです!

甲府市の喫茶店が登場!

甲府市の喫茶店が登場!
旅情ミステリーの第一人者 内田康夫の作品にも
山梨の喫茶店が登場しています。
その作品は「黄金の石橋」。登場するのは「今再(いまさ)」。
主人公の浅見光彦の「浅見」をローマ字で書くと「ASAMI」。
これを反対から読むと「IMASA」になるんです!
内田康夫ファンのご主人が内田氏に話したことが小説に使われるきっかっけだったとか。

富士急行線の特急列車が舞台に

富士急行線の特急列車が舞台に
鉄道ミステリーといえば、西村京太郎。
その作品には、県内を走る鉄道が度々登場しています。
その中に「富士急行の女性客」という作品があります。
主人公の「女性客」が乗ったのは、カラフルな富士山が車両に描かれている
「フジサン特急」。
子どもたちに人気の車両です!

「特急あずさ」といえば…

「特急あずさ」といえば…
中央線を走る「特急あずさ」を題材にした作品を多くのミステリー作家が
書いていますが、「特急あずさ」といえば…
「あずさ2号」という歌が、かつて大ヒットしました。

UTYの鉄道大好き 小嶋アナが解説

UTYの鉄道大好き 小嶋アナが解説
当時、「あずさ2号」は、新宿駅を午前8時に発車していましたが、
現在、同時刻に発車するのは「スーパーあずさ5号」。
ちなみに現在の「あずさ2号」は、午前6時8分に松本駅を出る下り列車に
なっています。

鉄道好きな小嶋アナが熱く解説してくれました!

ミステリーの舞台は、富士山麓の『幻の湖』

ミステリーの舞台は、富士山麓の『幻の湖』
「アサギマダラ」という蝶と同じ名前を持つ作家・浅黄斑が書いた
ミステリー小説には、富士北麓に出現する
幻の湖「富士六湖」が登場します。
別名を「赤池」と言われる、台風シーズンなど、
雨量の多い時期に精進湖近くに出現する湖です。

クロちゃんの衣装 岡島百貨店 4階 J.PRESS(ジェイプレス)

ご意見・ご感想 プレゼントのご応募はこちら

10秒メッセージ募集

ゆうちゃんブログ

facebook

えきばた!

イベントを告知してくれる人大募集
TEL:055-232-1115
FAX:055-233-1126
メールでのお問い合わせはこちら

【告知条件】
無料イベントまたは非営利目的のイベントが対象となります。
※入場料などがかかる場合はご相談ください。

バックナンバー