番組

放送内容のご案内 [やまなし発見!太郎ちゃんゼミナール 「早川徳次」(6月8日)]

やまなし発見!太郎ちゃんゼミナール 「早川徳次」

県立博物館 「地下鉄90年 早川徳次展」

県立博物館 「地下鉄90年 早川徳次展」
皆さんは 早川徳次という実業家を知っていますか?

現在の東京の地下鉄をつくった偉人です。
笛吹市一宮町の出身で、鉄道業に従事したことから、地下鉄事業に進みました。
今、県立博物館で展示会が行われています。今日のテーマはこの人です。

日本最初の地下鉄は昭和2年に銀座線が開業

日本最初の地下鉄は昭和2年に銀座線が開業
日本で最初の地下鉄は、昭和2年に
銀座線の浅草~上野間が開業しました。

ベルリンの地下鉄を真似た、派手なカラーリングの車両で車内はモダン。

最初の車両は東京の地下鉄博物館に展示されていて、国の重要文化財に決定したばかりです。

Q2 乗客に喜んでもらうために実施した事は?

Q2 乗客に喜んでもらうために実施した事は?
この新しい地下鉄には 様々な新しいアイディアが盛り込まれましたが、
乗客を増やし喜んでもらうために実施したことは何でしょうか?

答え ③ 若い駅員の採用

答え ③ 若い駅員の採用
これからの商売は、奉仕とサービスが重要と考えた早川は、このサービスを担うには 若い職員だという事で採用。

ユニフォームの制服もご覧のような
きれいなブルーにし、爽やかさを演出しました。

Q ライフスタイルに合わせて地下鉄に造ったものは?

Q ライフスタイルに合わせて地下鉄に造ったものは?
さらに新しい試みを当てて下さい。

当時のライフスタイルに合わせて、早川が地下鉄につくったものがあります。
そらは何でしょうか?

答え ③スーパー

答え ③スーパー
今は地下に様々な店舗があるのは当たり前ですが、早川は昭和の初めにスーパーを地下に造りました。

さらに、地上のデパートにも注目
当時は銀座を中心に沿線に多くのデパートがあったので、連絡通路を作ったり
デパートめぐり乗車券を作ったりと
地下鉄との関係をアピールしました。

早川が故郷で実現したかった夢

早川が故郷で実現したかった夢
早川の実家跡には日本家屋が建っています。
早川がこの地で青年たちに教育をしたいと建設予定だった「青年道場」に一部で
講師のための宿泊施設でした。

早川は故郷で人材育成を計画していたのですが、志半ばで逝去、幻となってしまいました。

銀座駅の早川徳次の胸像

銀座駅の早川徳次の胸像
銀座駅の日比谷コンコースには、早川の胸像があります。
会社を退いた早川に、彼を慕っていた社員が中心となって寄附をし制作した像です。それだけ慕われていたんですね。

地下鉄が開通して90年。早川の予想通り、東京の大動脈となり、1日700万人が利用しています。
早川徳次に感謝!ですね。

クロちゃんの衣装 岡島百貨店 4階 J.PRESS(ジェイプレス)

ご意見・ご感想 プレゼントのご応募はこちら

10秒メッセージ募集

ゆうちゃんブログ

facebook

えきばた!

イベントを告知してくれる人大募集
TEL:055-232-1115
FAX:055-233-1126
メールでのお問い合わせはこちら

【告知条件】
無料イベントまたは非営利目的のイベントが対象となります。
※入場料などがかかる場合はご相談ください。

バックナンバー