番組

放送内容のご案内 [カピルのナマステ山梨(11月22日)]

カピルのナマステ山梨

学校のベランダに柿!?

学校のベランダに柿!?
今回は、甲州市塩山松里地区でカピちゃんが枯露柿作りを体験。小学校のベランダに柿が干してあるのは、松里地区ならではの風景ですよね。

甲州市立井尻小学校の皆さんありがとうございました。

甲州市立井尻小学校の皆さんありがとうございました。
井尻小学校では、全校児童が柿1500個を剥いてベランダの竿に干したばかり。美味しい柿になるように心を込めて作ったそうです。最後は、全校児童の皆さんがカピちゃんを見送ってくれました。ありがとうございます。

今年導入の最新機械「乾太郎」をお披露目

今年導入の最新機械「乾太郎」をお披露目
去年、松里地区は雨が続く異常気象のために、枯露柿が例年の1割しかできませんでした。そのためJAでは、最新機器「乾太郎」を導入。現在、試験運転を続けています。

乾太郎の実力はいかに!

乾太郎の実力はいかに!
同じ大きさだった柿を、天日干しと乾太郎で比較してみたらご覧の通り。天日干しの柿は3%減だったのに対し、乾太郎の柿は、22%減でした。柿の中の水分がなくなることでカビにくくなるんですよ。

相沢一秋さん宅でころ柿作りを体験

相沢一秋さん宅でころ柿作りを体験
ころ柿作りは、柿の収穫から。甲州百目柿を「おっかさみ」という竹製の道具を使って収穫しました。時代は変わってもこの道具は、昔から変わっていません。

甲州百目柿って?

甲州百目柿って?
カピルさんは、何もしらず甲州百目柿を頂き、その渋さにびっくり!糖度はすでに20度もあるんですが、中に含まれているタンニンが渋みを出しています。ただ枯露柿作りには、最適の渋柿なんですよ!!

柿剥きは1日なんと400㎏!!

柿剥きは1日なんと400㎏!!
収穫した柿は、3.4日追熟させてから皮むき入ります。相沢さん宅では、1日に400㎏約1600個の柿を夫婦で剥くんだそうです。カピルさんは、1個剥くのに50秒以上かかりましたが、奥さんの幸恵さんは9秒で剥き終わりました。流石です。

ころ柿は、収穫から出来上がりまで約1ヶ月半

ころ柿は、収穫から出来上がりまで約1ヶ月半
ころ柿は、12月上旬に完成する予定です。美味しいころ柿の背景には、農家さんのたゆまぬ努力がありました。

黒ちゃんの衣装 山交百貨店 4階 MONSIEUR NICOLE(ムッシュニコル)

ご意見・ご感想 プレゼントのご応募はこちら

10秒メッセージ募集

ゆうちゃんブログ

facebook

えきばた!

イベントを告知してくれる人大募集
TEL:055-232-1115
FAX:055-233-1126
メールでのお問い合わせはこちら

【告知条件】
無料イベントまたは非営利目的のイベントが対象となります。
※入場料などがかかる場合はご相談ください。

バックナンバー