番組

放送内容のご案内 [水曜だっ!6丁目キッチン 【夏野菜カレー】(7月6日)]

水曜だっ!6丁目キッチン 【夏野菜カレー】

教えてくれるのは・・・

教えてくれるのは・・・
Restaurant さくら茶屋 La Passion(韮崎市)の小林裕一シェフ。
今回作るカレーは市販のカレールーを使わない特製カレーです!

材料はこちら

材料はこちら
カラフルな旬の夏野菜をたっぷり使います!
玉ねぎ・パプリカ・ズッキーニの他に
ナスなどを入れてもおいしいそうですよ。

カレー粉入りヨーグルトに鶏肉を漬ける

カレー粉入りヨーグルトに鶏肉を漬ける
ヨーグルトとカレー粉をよく混ぜ、
食べやすい大きさに切った鶏もも肉と一緒に
ビニール袋に入れて漬け込みます。
ヨーグルトにカレー粉を混ぜることでカレー粉がダマになりにくく、
漬け込むことで鶏肉にカレー粉がよくなじむので
煮込む時間を短くできるんです。
さらに鶏肉がやわらかくなる効果もあるとか。
急いでいれば1時間、時間があれば3時間~ひと晩漬け込むと
よりおいしくなります。

野菜の下ごしらえ

野菜の下ごしらえ
玉ねぎと種を取ったパプリカはくし切りに、
ズッキーニは角切りにします。

鍋で材料を炒める

鍋で材料を炒める
熱した鍋にバターを入れて野菜を炒めます。
野菜がしんなりしてきたら赤ワインを入れて熱し、
アルコールを飛ばします。
赤ワインの風味でお店の味に一歩近づくそうです。
アルコールはしっかり飛ばすので、
お子様も安心して召し上がれます。

ヨーグルトと鶏肉、調味料を加えて煮る

ヨーグルトと鶏肉、調味料を加えて煮る
漬け込んでおいたヨーグルトと鶏肉、カットトマト缶、水、
パプリカパウダー、おろしニンニク、おろしショウガ、
ケチャップ、ウスターソース、顆粒コンソメ、
砂糖、塩を加えてひと煮立ちさせます。
パプリカパウダーもカレーをワンランクアップさせる隠し味だとか。
最近ではスーパーのスパイスコーナーなどにも売っているそうです。

生クリームを加えて煮込む

生クリームを加えて煮込む
調味料を入れて鍋をひと煮立ちさせたら、
生クリームを加えて10分ほど煮込みます。
生クリームがなかったら牛乳でも代用できるそうですが、
生クリームの方がよりまろやかな仕上がりになるそうです。
10分間煮込んだらカレーの完成!
お好みの量のご飯をお皿に盛ってカレーをかけましょう。

ご意見・ご感想 プレゼントのご応募はこちら

10秒メッセージ募集

ゆうちゃんブログ

facebook

えきばた!

イベントを告知してくれる人大募集
TEL:055-232-1115
FAX:055-233-1126
メールでのお問い合わせはこちら

【告知条件】
無料イベントまたは非営利目的のイベントが対象となります。
※入場料などがかかる場合はご相談ください。

バックナンバー