番組

放送内容のご案内 [カラテカ矢部のおもひでスケッチ #12 市川三郷町・市川(6月16日)]

カラテカ矢部のおもひでスケッチ #12 市川三郷町・市川

市川の商店街を水彩画に 一瀬喜代司さんのアトリエへ

市川の商店街を水彩画に 一瀬喜代司さんのアトリエへ
以前、『街かどニュース』で原アナが取材中にお邪魔した太郎ちゃん。
その時に出会ったのが、水彩画で市川の変わりゆく街並みを描く
一瀬喜代司さん。
アトリエにお誘い頂いたので、本当に遊びに行きました!

一瀬さんの指導のもと、水彩画に挑戦した太郎ちゃん&原ちゃん。
描くものを愛情を持って、よーく見ること。
感動する心を描けば、見てくれる人にも伝わるんです!

ということで、『たまねぎ』を描いた二人。
いかがでしょうか?

勇壮な市川の祇園祭 ~御陣屋樽みこし保存会~

勇壮な市川の祇園祭 ~御陣屋樽みこし保存会~
市川の商店街近くで出会ったのは
樽を8個重ねる樽みこしを守るみなさん。
7月の第2土曜日に毎年行われる祇園祭にむけて準備中でした。

3年前に誕生した保存会のマスコットキャラ『たるゴン』。
ゆるすぎる「ゆるキャラ」ですが、出会った人にお菓子をくれるんですって!

樽みこしと共に祇園祭に登場しますので
是非、会いに行ってみてくださいね♪

オレンジ色の穏やかな火花 和火の線香花火

オレンジ色の穏やかな火花 和火の線香花火
樽みこし保存会の一員、佐々木さんは線香花火を作る職人さん。
それも、今よく見るような鮮やかな花火ではなく
西洋の火薬が入ってくるまで、江戸の頃に作れらていた『和火(わび)』の花火に
こだわっています。

火薬は、天然素材のみを使用。
天然の硫黄や、松の根を燃やし上がった煙からとったススなど。

その火薬を和紙に包んで、こよるのですが…
シンプルだけに奥深い世界。
火薬の量、和紙の厚さなど、些細なことが火球になるか、火花が出るかに影響するそうです。

ワークショップもしているという佐々木さんの指導の下、
線香花火作りに挑戦した太郎ちゃん。
5本中、2本で火花を出すことができました!

太郎「こよりが難しくて、手がつるかと思いました…。本当に難しいけど、火花が出た時は、感動!でした」

今回のスケッチは…


黒ちゃんの衣装 岡島百貨店 4階 J.PRESS(ジェイプレス)

バックナンバー

ご意見・ご感想

プレゼントのご応募はこちら

10秒メッセージ募集

ゆうちゃんブログ

facebook

えきばた!

イベントを告知してくれる人大募集
TEL:055-232-1115
FAX:055-233-1126
メールでのお問い合わせはこちら

【告知条件】
無料イベントまたは非営利目的のイベントが対象となります。
※入場料などがかかる場合はご相談ください。