番組

放送内容のご案内 [水曜だっ!6丁目キッチン 【パッタイ風焼きそば】(6月8日)]

水曜だっ!6丁目キッチン 【パッタイ風焼きそば】

教えてくれたのは・・・

教えてくれたのは・・・
栄養士の功刀あつみさん。
今日作る「パッタイ」はタイでよく作られる焼きそばのようなもの。
「パッ」は「炒める」、「タイ」は「タイ王国」を意味しています。
甘辛酸っぱい味付けで野菜もたっぷり食べられる、
この夏おすすめのタイ料理です!

材料

材料
パッタイ麺は、米粉でできた幅3mmほどの太めのビーフン。
普通のビーフンや、そうめん・冷麦などでも代用できるそうです。
紫玉ねぎがなかったら普通の玉ねぎでもOK。

具材の下ごしらえ

具材の下ごしらえ
パッタイ麺はぬるま湯に1時間ほど浸してやわらかくしておきます。
ニラは3cmの長さに切ります。
厚揚げ豆腐はさいの目切りに。油抜きは必要ないそうです。
エビは殻をむいて背ワタを取り、
紫玉ねぎ・ニンニク・たくあんはみじん切りにします。
たくあんのような大根の漬物はタイでもよく食べられているそうです。

パッタイソースを作る

パッタイソースを作る
ナンプラー、ココナッツシュガー、甘い梅干しを
水で溶いたものを小鍋に入れ、ひと煮立ちしたら火を止めます。
今回はペースト状のココナッツシュガーを使いましたが、
粉末のものでも大丈夫。
お好みの甘さになるように量を調整してみてください。
ココナッツシュガーが手に入らない場合はキビ砂糖でも代用できます。

タマリンドとは?

タマリンドとは?
今回は甘い梅干しを水で溶いたものを使いましたが、
本場タイでは「タマリンド」というフルーツを使うそう。
タマリンドは豆のような姿をしたトロピカルフルーツで、
甘い品種をそのまま食べたり、
酸味の強い品種をドライフルーツにしてペースト状に加工し、
調味料としても使われるそうです。
業務用スーパーやタイの食材を使うお店、
またはインターネットの通信販売で手に入るそうです。

麺を炒める

麺を炒める
フライパンに少量のパッタイ麺と水を入れ、
中火で麺がやわらかくなるまで炒めます。
やわらかくなったら一度皿に出して、分量外のサラダ油を絡めておきます。

具材を炒めて麺と合わせる

具材を炒めて麺と合わせる
同じフライパンにサラダ油とニンニクを入れ、ニンニクの香りが出たら
厚揚げ豆腐、紫玉ねぎ、たくあん、エビ、小エビを炒めます。
エビに火が通ってきたら具材をフライパンの端によけ、
空いたスペースに分量外のサラダ油を足して溶き卵を炒めます。
そこへパッタイ麺を加えて炒め、パッタイソース、もやし、ニラも加えて
全体がよく絡むように両側から混ぜながらさっと炒めます。

盛り付け

盛り付け
パッタイ風焼きそばを皿に盛って砕いたピーナッツをかけ、
レモン、粉唐辛子、砂糖、生のニラを添えます。
タイでは生のニラで口の中をリセットしながら、
お好みで粉唐辛子や砂糖をかけて食べているそうです。

ご意見・ご感想 プレゼントのご応募はこちら

10秒メッセージ募集

ゆうちゃんブログ

facebook

えきばた!

イベントを告知してくれる人大募集
TEL:055-232-1115
FAX:055-233-1126
メールでのお問い合わせはこちら

【告知条件】
無料イベントまたは非営利目的のイベントが対象となります。
※入場料などがかかる場合はご相談ください。

バックナンバー