番組

放送内容のご案内 [カピルのナマステ山梨「南アルプス市 御柱祭」(4月12日)]

カピルのナマステ山梨「南アルプス市 御柱祭」

7年に1度のお祭り「御柱祭」

7年に1度のお祭り「御柱祭」
南アルプス市 旧白根町の今諏訪地区の諏訪神社に伝わる祭り「御柱祭」。
長野の諏訪大社と同じ上と下にある神社と末社の形態は山梨ではここだけ。上今諏訪と下今諏訪の諏訪神社から御柱が里曳きされ「御柱社」に奉納されます。

御神木

御神木
上今諏訪の諏訪神社から里曳きされるのは長さ9m60cm、重さ1トン近くあるモミの木。南アルプス市内の山林から11月に伐り出されて山出しの神事が行われたものです。

里曳き

里曳き
里曳きは、氏子による引き手50人、てこ方10人、綱取り10人で御柱を曳きます。御神木の上には音頭をとる木遣会の面々が乗り、木遣唄をうたいながら、引き手の息を合わせます。
カピルさんも手伝いました。

キツイ「てこ方」

キツイ「てこ方」
カピルさんは、御柱の方向を変える役目の「てこ方」に挑戦。
木製のてこを使って、御柱の後方で向きを変えていきます。
ここも息を合わせて。

綱取りも重労働

綱取りも重労働
50人の引き手に負けないように、後方で手綱を引くカピルさん。
てこ方より大変な役割。

万灯

万灯
御神木の後ろに続くのは、若い男性による万灯の行列。木遣に合わせて万灯を打ち鳴らし、回転させます。
特別にカピルさんも体験。

拍子木、金棒

拍子木、金棒
子どもたちは拍子木と金棒を打って、里曳きに参加。
カピルさんも子どもたちに手ほどきを受けて拍子木の列に加わりました。

ご意見・ご感想 プレゼントのご応募はこちら

10秒メッセージ募集

ゆうちゃんブログ

facebook

えきばた!

イベントを告知してくれる人大募集
TEL:055-232-1115
FAX:055-233-1126
メールでのお問い合わせはこちら

【告知条件】
無料イベントまたは非営利目的のイベントが対象となります。
※入場料などがかかる場合はご相談ください。

バックナンバー