Uワク山梨トピックス

山梨に観光に行ったら寄りたいお店 その6【ベーカリー ルーブル】

2018.07.27 18:00

山梨に観光に行ったら寄りたいお店 その6【ベーカリー ルーブル】

「当たり前のことを、当たり前に」がベーカリー・ルーブルのモットー

基本のパン生地を大事にしながら、できるだけ地元の食材を使い、丁寧にひとつひとつ手作りをしています。

地元からは「やまなしを伝える街のパン屋さん」として親しまれています。

小麦は、国産小麦のみを使用。北海道産を中心に山梨県産小麦の普及にも努めています。そして、具材も山梨の果物、野菜を使ったものが数多く楽しめます。

写真のパンは、山梨県市川三郷町の農家が作っている朝採りキャベツを4分の1も使ったキャベツパン。ベーコンとチーズも入っています。

山梨に観光に行ったら寄りたいお店 その6【ベーカリー ルーブル】

また「櫛形山あんぱん」と名付けられたアンパンはちょっとめずらしい形をしています。
地元の親しみある山、櫛形山をかたどった、山型のあんぱんです。さっぱり味の低糖あんをたっぷり入れています。時期によっては、梅餡やすもも餡などの季節のフルーツ餡もお楽しみ頂けます。

山梨に観光に行ったら寄りたいお店 その6【ベーカリー ルーブル】

定番のフランスパンなどバケットは、低温長時間でじっくり一晩寝かせ、堅めにしっかりと焼いています。皮はパリッと中はしっとり、かみしめるほど味わい深いと評判です。

山梨に観光に行ったら寄りたいお店 その6【ベーカリー ルーブル】

ご当地パン「土偶ちゃんパン」も人気商品。
実は縄文王国としても有名な山梨県。南アルプス市にある、世界的に有名な「鋳物師屋遺跡」の土偶をかたどり、土偶ちゃんパンをつくりました。縄文時代にも食べられていたとされる食材を使い、クルミを生地に練り込み、あけぼの大豆はアンコに、早川のエゴマは上にまぶして、子供からお年寄りまで美味しく食べられるように仕上げました。

山梨に観光に行ったら寄りたいお店 その6【ベーカリー ルーブル】

ライ麦の味わい豊かな「北岳カンパーニュ」は、南アルプス市にある日本で2番目に高い山「北岳」をモチーフに、ライ麦と県産小麦を使用してつくるこだわりのカンパーニュです。ワインや食事のお供にぴったりです。

ベーカリー ルーブル

住所:山梨県南アルプス市小笠原1654-4

営業時間:9:00 - 19:00
     
休み:日曜、祝日

ウェブ:http://bakery-louvre.com/ 

※UTYテレビ山梨のウェブサイトでは、写真を複数枚掲載しています。
 ぜひ http://www.uty.co.jp/utopics/ にアクセスを!


バックナンバー

山梨に観光に行ったら寄りたいお店 その6【ベーカリー ルーブル】

2018.07.27

山梨に観光に行ったら寄りたいお店 その6【ベーカリー ルーブル】