番組

ナスと手羽先の揚げ煮(9月24日)

ナスと手羽先の揚げ煮

「ナスと手羽先の揚げ煮」材料

「ナスと手羽先の揚げ煮」材料
◎材料(4人分)
 ナス…4個
 手羽先…8本
 みょうが…適宜
 いんげん…適宜
 片栗粉…少々
 だし汁…300cc
 醤油…大さじ1と1/2
 酒…大さじ1/2
 砂糖…大さじ1
 味噌…小さじ1/2

「ナスと手羽先の揚げ煮」レシピ

「ナスと手羽先の揚げ煮」レシピ
◎レシピ
(1) 適当に切ったナスと片栗粉をまぶした手羽先を油で揚げる。
ポイント!ナスの切り口に塩をまぶして10分ほど置いて、水を切って調理すると余分な油をすわなくなります。
(2) 揚げた手羽先に熱湯をかけて余分な油を落とす。
(3) だし汁・醤油・酒・砂糖・味噌を入れた鍋にナスと手羽先を入れ煮る。火が通ったら皿に盛り、みょうがやいんげんを添える。

「やまなしのおかず」からのお知らせ

あす9月25日(日)には、オギノリバーシティSCと昭和ショッピングモールJOYで「全農やまなし青果産直市」が開催されます。県内で生産された採れたて・新鮮野菜が山積みに!
ぜひお出かけ下さい。

そして、次回の「やまなしのおかず」旬の食材は「八幡芋」!10月22日(土)お昼12時半からの放送です。どんなレシピが飛び出すのかお楽しみに(^^)♪

鈴木春花のおかず探訪後記

・笛吹市八代町の丹澤さんのナス畑にお邪魔しました。

・丹澤博さんは40年以上もナスを栽培し続けているベテランです。
・丹澤さんの育てるナスはツヤがすごい!「見た目でもおいしいそうなナスを育てている」というこだわり。品種は「千両ナス2号」です。
・ツヤの秘密は有機肥料の菜種油の絞りカス「油かす」。栄養たっぷりの土壌からたっぷり美味しさを蓄えて、ツヤツヤのナスが成長します。
・今回一緒にお料理をしていただいたのは、丹澤さんの奥様・富美恵さんです。
・ナスを買う時のポイントは「ツヤと額(ヘタの部分)の色が良いこと」ここをチェックすると間違いありません。
・ナスは癖がないので、どんなお料理にも合って使い勝手が良いのです。中でも、今回は丹澤さんお得意の「ナスの煮びたし」を作っていただきました。ナスを半分に切り、切り込みを入れて素揚げ。生姜と醤油と砂糖少々に漬け込むだけ。とってもシンプルなお料理ですが、これが絶品。ごはんも進むし、おつまみにも最適です。
・漬物にしても良し、マーボーナスにしてもよし、天ぷらや焼きナスなどなど、ナスは幅広く活躍してくれますね~と、会話も弾みながらのお料理タイムでした。
・ナスを素揚げにする前に、塩をまぶして水分を出すという知恵は、「やまなしのおかず」レシピで勉強になりました。水分を出してしまって余分な油の吸い込みを防いでくれる、そして、揚げるとナスの濃紺が鮮やかな紫色に変って、ツヤも一層増しました。
・手羽先にもお湯をかけて油を落とす!このちょっとしたひと手間が仕上がりを変えるのですね☆
・手羽先とナスを揚げてしまえば後は煮るだけ。数分煮るだけでも味がしっかりと染み込みます。
・いつものように丹澤さんご夫妻と試食です。
・ご主人が丹精込めて育てたナスがおいしく仕上がりました。「これはお酒が進むね」と、太鼓判。
・皮が柔らかく食感の良いこのナスの良さが堪能できるお料理だと思いました。お料理上手な奥様が作る家庭料理と言う感じです。春花レシピに加えなくちゃ!
・甲府では10日連続真夏日という残暑が厳しい中での収録で、ちょっと立っているだけでも汗だくになる陽気の中、揚げたり煮たりと大変でしたが、明るい丹澤さんご夫婦のお陰で楽しいひと時を過ごすことができました。

バックナンバー