番組

桃豚ソテーのトマト煮(6月23日)

桃豚ソテーのトマト煮

「桃豚ソテーのトマト煮」材料

「桃豚ソテーのトマト煮」材料
◎材料(2人分)
 桃豚ロースとんかつ用肉…2枚(300g)
 A「瀬戸のほんじお」…少々
 Aこしょう…少々
 小麦粉…適量
 トマト…2個(360g)
 「味の素KKコンソメ」顆粒タイプ…小さじ1
 B白ワイン…大さじ1・1/2
 B「瀬戸のほんじお」…小さじ1/4
 Bこしょう…少々
 「AJINOMOTOサラダ油」…大さじ1/2

「桃豚ソテーのトマト煮」レシピ

「桃豚ソテーのトマト煮」レシピ
◎レシピ
(1) 豚肉はスジ切りをし、両面に「瀬戸のほんじお」「こしょう」少々をふり小麦粉をまぶして余分な粉は落とします。トマトは湯むきをし、ヨコ半分に切り、種をとって1cm角に切ります。
(2) フライパンに油を入れ、中火で豚肉を両面色よく焼きます。
(3) 油を軽くふき、1cm角に切ったトマトの半量、「コンソメ」を入れ白ワイン・瀬戸のほんじお・こしょうを加えます。煮立ったら、フタをして弱火で5~6分煮ます。
(4) 器に豚肉・トマトソースを盛り、その上に残りのトマトをのせます。やまなしのおかず『桃豚ソテーのトマト煮』の完成です。

ここでとうもろこしのおいしい食べ方です。

ここでとうもろこしのおいしい食べ方です。
(1) とうもろこしはうす皮を1枚ほど残して皮をむきます。
(2) ラップでくるみ電子レンジで3分、裏返して3分加熱します。
(3) 5分ラップしたままむらして完成です♪

「やまなしのおかず」からのお知らせ

やまなしのおかずではあなたのとっておきのマイレシピを大募集します。
条件は地元で採れた野菜を使っていることだけ!
「これはいちおし!」「是非食べてみて!」と思ったあなたのお宅のお気に入りメニューをぜひやまなしのおかずに教えてください。
今日23日と明日24日、オギノリバーシティで『親子で楽しむわいわい食育フェア』が開催されます。食品メーカーの提案するレシピを一緒に作って、正しい食の知識を理解したり、食に関する体験をしてみましょう!
さらに、明日24日にはオギノリバーシティと昭和ショッピングモールJOYで「全農やまなし青果産直市」が開催されます。トマトをはじめ山梨で生産された採れたての農産物がたくさん並びますのでぜひお出かけください。

Fumiko'sおかずとの出会い

今回、私が訪れたのは 真っ赤なトマトのなるビニールハウス。
そこで『ハウス桃太郎』との出会いがありました!

中に入るとまさにトマトの工場!天井に届きそうなくらいこんなにいっぱいトマトがなっているのは初めて見ました!

木で完熟させたトマトを出荷するというのが済藤さんのこだわり。
私も試食しました!「甘くて美味しい♪」

美味しいトマトを見分けるポイントは、トマトのおしりにスターマークがあること。またたっぷりの水に沈めたときに沈むことです。是非、参考にしてみてください!

収穫したトマトを使って、いよいよ調理開始です!
今回は『桃豚ソテーのトマト煮』
てる美さんの協力を得て、トマトソース無事に完成。トマトソースはいつも既成のものを使っていたんですが、やはり手作りすると美味しいですね。

この取材のあとに、自分で家でも「ハウス桃太郎」を使ってパスタ用のトマトソースを作ってみました~


試食タイム♪アツアツは特に美味しい~
ちなみに、済藤さんのトマトはオギノでハウス桃太郎という品種の「坊ケ峰トマト」という名前で売られています。ぜひ手にとってみてください!

バックナンバー