番組

サーモンとアボカドのカルパッチョ(12月22日)

サーモンとアボカドのカルパッチョ

「サーモンとアボカドのカルパッチョ」材料

「サーモンとアボカドのカルパッチョ」材料
◎材料(2人分)
 スモークサーモン…100g
 アボカド…1/2個
 セロリ…4cm
 玉ねぎ…1/6個
 レモン、ラディッシュ、パセリ、チャービル(お好みで)…各適量
 [A]塩、こしょう
 [B]オリーブ油、マヨネーズ

「サーモンとアボカドのカルパッチョ」レシピ

「サーモンとアボカドのカルパッチョ」レシピ
◎レシピ
(1) アボカドはさいの目切りに、セロリ、玉ねぎは薄切りにする。
(2) レモンはいちょう切りに、ラディッシュは薄切りに、パセリはみじん切りにする。
(3) 器にサーモンを並べて1をのせ、2、チャービルをちらす。AをふってBを順にかける。

Fumiko'sおかずとの出会い

今回のやまなしのおかずは、野菜ではなくぎょぎょぎょ!そう魚。 その名も甲斐サーモンです。
山梨は海のない県なのにニジマスの全国の生産量第3位って知っていましたか?なぜ美味しい魚が育つのか?
八丁養鱒場を営む津野さんに聞いてみました。
それは牧丘町のきれいで美味しい水を使っているから。津野さんは40年前からこの地でマスやイワナなどの養殖をしているのです。

ところで甲斐サーモンってどんな魚か気になりませんか? 普通のますよりとっても大きいのです! 
ニジマスが20センチ程度に対して甲斐サーモンは60cm程度。
重さは1・5キロ~2キロになります。
ちなみに甲斐サーモンを手でつかむことを津野さんは「抱く」とおっしゃっていました。抱きごたえありそう♪
またエビや貝など特別な餌を食べているのでこのように鮮やかなピンク色になるそうです。

ところでこの甲斐サーモンの栄養価について山梨学院短期大学 食物栄養科 依田萬代(たかよ)先生に聞いてみました。
ここでオギノの鮮魚バイヤーにもご協力頂いて試食させて頂きました。
そのお味は?? 「上品な油ののりであっさりとした味わい」 
この甲斐サーモンを使ってやまなしのおかずを作ります!
今回のおかずは「サーモンとアボカドのカルパッチョ」 彩りのきれいな甲斐サーモンはクリスマスのパーティーなどにもぴったりのお料理です。
ちなみに山梨学院短期大学 食物栄養科2年の田中あかねさんに甲斐サーモンにあうお料理について聞いてみました。
みなさんで、いっただきまーす!!
山梨には野菜の他にもおかずの主役になる素晴らしい食材がありますね! これからも美味しい甲斐サーモンを作り続けてください!

バックナンバー