番組

ほうれん草と豚肉の米粉チヂミ(1月26日)

ほうれん草と豚肉の米粉チヂミ

「ほうれん草と豚肉の米粉チヂミ」材料

「ほうれん草と豚肉の米粉チヂミ」材料
◎材料(2人分)
 ほうれん草…1/3束(120g)
 パプリカ(赤)(黄)…各1/6個
 万能ねぎ…3本
 豚バラ薄切り肉…120g
 米粉…カップ1
 溶き卵…1個分
 味の素KK丸鶏がらスープ…小さじ1
 水…カップ3/4
 ピュアセレクトマヨネーズ…大さじ4
 韓国調味料のコチュジャン…大さじ2
 AJINOMOTOごま油好きのごま油…小さじ2
 いり白ごま…小さじ1

「ほうれん草と豚肉の米粉チヂミ」レシピ

「ほうれん草と豚肉の米粉チヂミ」レシピ
◎レシピ
(1) ほうれん草、万能ねぎは5cmの長さに切り、パプリカは5cmの長さの細切りにします。
(2) ボウルに水と溶き卵を入れ混ぜてから、味の素KK丸鶏ガラスープと米粉を入れなめらかになるよう混ぜ合わせます。切ったほうれん草・万能ねぎ・ パプリカを加えてサックリと混ぜ合わせます。
(3) 別のボウルに、ピュアセレクトマヨネーズ、コチュジャン、入り白ごまを混ぜ合わせタレを作ります。
(4) フライパンにごま油を熱し、混ぜた生地を入れて厚さが均等になるように平らにならします。豚肉を広げてのせ、焼き色がついたら弱火にして、約4分焼きます。裏返して約4分、中に火が通るまで焼きます。
(5) 食べやすい大きさに切って器に盛りたれを添えて 「ほうれん草と豚肉の米粉チヂミ」の完成です

「やまなしのおかず」からのお知らせ

やまなしのおかずといえばやまなしの野菜。オギノ・リバーシティと昭和ショッピングモールJOYでは、地産地消をテーマに、山梨県産の農作物を特設コーナーで販売しています。季節ごとに変わる食材をチェックして、やまなしのおかずにチャレンジしてください!
やまなしのおかずではマイレシピを大募集しています!

条件は、やまなしの野菜を使っていることだけ☆
あなたのとっておきのマイレシピをやまなしのおかずに教えてください。

採用された方にはオギノ商品券を差し上げます♪

Fumiko'sおかずとの出会い

今回のおかずの主役は「米粉」。
米粉とは、その名の通りお米を粉末にしたもの。

お米の消費量が年々減少している中、食料自給率の救世主として期待されているのがこの米粉なんです。
さらにこの米粉は、山梨短期大学食物栄養科の中川先生によれば、必要なアミノ酸バランスが優れています。

そんな米粉を探しに、オギノ・リバーシティの売り場へ。 なんと「梨北米の米粉」はもちろん今や米粉の種類は増えこんなにたくさんの米粉を売っているのです
中川先生によると、さらには米粉にはこんなメリットも!

お好み焼きやたこ焼きはもちろん、から揚げやてんぷらなどにも最適だという米粉。様々なメニューに利用可能です!


今回はオギノ・リバーシティの広場でお料理。
オギノのバイヤーの2人にも手伝って頂き調理開始です!
実際、米粉を使って料理してみると 料理をする時にダマになりにくく、生地がとってもなめらかです。 これには驚きました。ホワイトソースにも最適な米粉です。 
米粉の生地はモチモチで、お肉はカリッと焼き上がり食感も楽しめる チヂミでした☆
ちなみに中に入れるものは冷蔵庫の残り物のニラや玉ねぎ、にんじんまたイカやチーズなどの具材でも大丈夫なので急なお酒のおつまみなどにもお勧めです。
また難しそうにみえてチヂミは切る→混ぜる→炒めるの超簡単料理です! ぜひ、お試しください!

バックナンバー