番組

「美味しいご飯の炊き方」(2月23日)

「美味しいご飯の炊き方」

お米を炊くときのポイントは「お米にやさしく接すること」

お米を炊くときのポイントは「お米にやさしく接すること」
(1) まず美味しいご飯のための第一歩は「計量」。いつも正しくはかることができれば美味しいご飯を炊くことができます。
(2) つづいては洗米です。お米についている糠を洗い流し、お米に水を吸収させる作業。お米はデリケートなので、やさしく手早くが基本です。
(3) つづいては「水切り」です。お米の水分量を均一にするために、一旦ザルなどに入れて水けをきります。 水切りは30分そのままにしておいて全体的に水けをきりましょう。
(4) 水切りが終わったら「浸水」です。お米の芯まで水を吸わせるために30分位は水に浸してください。
(5) 30分位したら「炊飯」です。炊飯器の説明書に従って炊いてください。
(6) 10分位蒸らす。炊き上がったら蓋をした高温のまま10分位そのままで蒸らしてください。
(7) 最後は「シャリ切り」です。しゃもじでご飯を底の方からひっくり返して下のご飯の蒸気を出してください。その後も、ご飯をつぶさないようにしゃもじでご飯を切るように「シャリ切り」しましょう!こうすることでふっくらと仕上がります。

ここでおかずのポイント☆

ここでおかずのポイント☆
◎お米の保存方法
お米は糠が酸化して、その臭いがお米につくことが美味しくなるポイントです。
「高温=日の当たる所や温度が高くなるところには置かない」のがポイントです。涼しく風通しの良い暗い場所がお米の保存場所として最適です。

「やまなしのおかず」からのお知らせ

やまなしのおかずでは、あなたのまいレシピを大募集しています。
地元で採れた野菜を使ったあなたのオリジナルメニューを教えてください。
番組で採用された方にはオギノ商品券を差し上げます。
今日の美味しいご飯の炊き方は
UTYホームページに載っていますのでぜひ試してみてください。
また今日紹介した「梨北米」はインターネットで購入することができます。
「マルシェ梨北」で検索してください。

オギノリバーシティと昭和ショッピングモールJOYでは、地産地消をテーマに山梨県産の農作物の特設コーナーで販売しています。
山紫水明、季節ごとに変わる山梨の食材をチェックしてやまなしのおかずにチャレンジしてください!

Fumiko'sおかずとの出会い

今回のおかずの主役は「梨北米」

私も普段、梨北米を食べているのですが、改めて梨北米の美味しさの秘密を よってけし響きが丘店の店長土橋さんに伺ってみました。
「ミネラル豊富な水」と「長い日照時間」、そして「水はけのよい肥沃な土壌」この3つの要素が梨北米を美味しくしてくれるそうです。
実は、つい先日平成24年度の梨北米が、日本穀物検定協会が発表したコメの食味ランキングで最高評価の「特A」に選ばれました!
3年ぶりの快挙です!
それだけ梨北米が美味しいということなんですね!

そんな梨北米ですが実はたくさん種類があるんです。
その中でもおすすめは「梨北信玄米コシヒカリ」
化学肥料と農薬を50%減らしたお米です。
食べる私たちにとっても安心で安全のお米! 

実はよってけしでは精米の歩合を希望することもできるのです!
3分、5分、7分、白米のうちから選ぶことができるそうですよ。
最近では、白米より健康志向の7分米を選ぶ人も増えているそうです。
さて、スーパーでお米を買う際のポイントは?。
精米の時期が近いものを選ぶといいそうです。
これは参考になりそうですね♪
「美味しいお米炊き方」で炊いたご飯は本当に美味しかった~ 
今回は美味しいご飯に合う「おかず」も作ってみました。
味の素CookDoきょうの大皿「豚バラ大根」

これが一皿あれば白いご飯もすすみますね~

私も取材以降、こだわりの炊き方で梨北米を頂いています。
毎日を少しハッピーにするために♪ 

皆さんもぜひ試してみて☆

バックナンバー