番組

「ほうれん草とエビの水餃子」です♪(3月28日)

「ほうれん草とエビの水餃子」です♪

「ほうれん草とエビの水餃子」材料

「ほうれん草とエビの水餃子」材料
◎材料(1人分)
 ほうれんそう…200g
 むきエビ…170g
 ひじき…15g
 長ねぎ…10cm分
 しょうが…20g
 餃子の皮…15枚
 ごま油…大さじ1
 塩…小さじ1/3
 しょうゆ…小さじ1
 酒…小さじ2
 こしょう…少々
 ラード…小さじ2
 水…カップ3
 「丸鶏がらスープ」…大さじ1
 ポン酢しょうゆ…適量

「ほうれん草とエビの水餃子」レシピ

「ほうれん草とエビの水餃子」レシピ
◎レシピ
(1)ほうれん草はサッとゆでて冷水にとり、水気を絞って細かく刻む。
むきエビは背ワタをとって細かく刻む。
ひじきは水で戻して細かく刻み、長ねぎとしょうがはみじん切りにする。
(2)ボウルに刻んだ材料と、ごま油・塩・しょうゆ・酒・こしょう・ラードを入れてよく混ぜ、餃子の皮で包む。
(3)鍋に、水・「丸鶏がらスープ」を加えて煮立て、餃子を入れてゆでる。
浮いてきたら水気を切って皿に盛り、ポン酢しょうゆを添える。

「やまなしのおかず」からのお知らせ

◆明日の3月29(日)にオギノリバーシティとオギノ韮崎駅前店で
全農やまなし青果産直市が開催されます。
今日ご紹介した“ほうれんそう”はもちろん、山梨で生産された採れたての農産物がたくさん並びますので
ぜひ、お越しください!
◆プレゼントのお知らせ☆
番組をご覧になってくださった皆様の中から、抽選で5名様に
味の素人気商品詰め合わせをプレゼントいたします☆★☆
普段の料理をさらにおいしく♪
HPの一番上にある応募用バナーをクリックして、キーワードと必要事項を明記してご応募ください!

Rinaのおかずダイアリー

寒の戻りもありますが、町はすっかり春めいてきましたね♪
私がいつも通る道沿いに黄色の鮮やかな水仙が咲いていて、ほっこりします(*^^*)

さて、今回のやまなしのおかずはほうれん草。
まず、美味しいほうれん草を求めて訪ねたのは、南部町富沢地区のほうれん草畑。
こちらの富沢青菜栽培研究会の佐野さんに、南部町のほうれん草のおいしさの秘密、教えて頂きました。

美味しさの秘密は、・・・・・・・・

てんとう虫マークが、こだわりが詰まっている証です☆


このこだわりが詰まったほうれん草で今回は水餃子をつくりました!
と、その前に、
地元の、南部町食生活改善推進委員の皆さんに、ご家庭のほうれん草レシピを作って頂きました☆
どれも減塩・薄味で健康&長寿を目指したお料理で、おいしかったです!



さて、いよいよ水餃子づくり!
餃子の種を作って、皮で包む。この作業をしたのは何年ぶりでしょうか…(笑)
昔よくお母さんと一緒にやったのを思い出しました。懐かしい!
普段餃子というとお肉を入れることが多いですが、今回はほうれん草!
地元の皆さんも初めてと驚いていました!
お味はいかに・・・・・?
ほうれん草がぎっしり詰まっていて、想像以上にボリューム満点!
ほうれん草、海老の食感にごま油の香りがたまりません!
さらに鶏ガラスープを入れて茹でているので、水餃子自体にもほんのり味がついています!
しかも水餃子だからヘルシー♪これならいくつ食べても大丈夫かな?!?!

見た目も鮮やかなので、おもてなし料理にも良さそうです。

さてさて・・・
このページを見ていたら、ほうれんそうを食べたくなってきませんか(^▽^)??
南部町富沢地区のほうれん草はオギノで買えますよ♪
ここで「ほうれん草」スタディーTIME☆★

Lesson ① :ほうれん草の栄養 By 斎藤洋子先生



Lesson ② :おいしいほうれん草の見分け方 By OGINO 渡邊バイヤー
皆さんも試してみてください(*^◇^)

バックナンバー