山中湖村長選、13票差で現職再選 12/04 23:00
きょう投票が行われた山中湖村の村長選は、開票の結果、現職の高村文教さんが再選を果たしました。
山中湖村長選は高村文教さん2116票、高村正一郎さん2103票で、13票の僅差で現職の高村文教さんが再選を果たしました。
投票率は88.07%で、今回と同じ顔合わせだった4年前を0.61ポイント下回りました。
選挙戦で高村文教さんは観光を軸にした地域活性化策や教育・医療・防災対策に力を入れた暮らしやすい村づくりを訴えました。

卓球・世界ジュニア、平野ら団体優勝 12/04 18:00
中央市出身の卓球・平野美宇選手が出場した世界ジュニア選手権の団体で、日本は中国を下して優勝しました。
18歳以下で争う卓球の世界ジュニア選手権。
団体の決勝で平野選手は敗れたものの、日本は5連覇中の中国を3対1で下し6大会ぶり2度目のジュニア世界一に輝きました。

綱引きの山梨ナンバー1は!? 12/04 18:00
綱引きの山梨県ナンバー1を決める大会が甲府市で開かれました。
県綱引き連盟が毎年行っているもので、全国大会の予選を兼ねる男女の1部や小学生の部など、9つの部門に35チームが参加しました。
選手達は鍛え上げたパワーと息の合ったチームワークで力いっぱい綱を引いていました。
大会の模様は、UTYで今月23日に放送します。
大会の結果、男子の1部は「八ヶ岳TC」、女子は「高根の華」が優勝し来年の全国大会に出場します。
きょうの大会の模様は、UTYで今月23日に放送します。

歩行女性はねられ死亡・男を逮捕 12/03 19:15
きのう午後5時過ぎ、笛吹市春日居町の県道で横断歩道を歩いていた女性が軽乗用車にはねられる事故がありました。
女性は近くに住む無職の亀井てる子さん(84)で、病院に運ばれましたが死亡しました。
警察は車を運転していた自称・笛吹市春日居町熊野堂の建設業、雨宮久容疑者(41)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。
警察で容疑を過失運転致死に切り替えて事故の原因を調べています。

日川の初戦は27日・選手宣誓も 12/03 19:15
51校が出場する全国高校ラグビー。
その組み合わせ抽選会がきょう大阪市で行われました。
抽選の結果、山梨代表の日川高校は大会初日の今月27日に1回戦で滋賀代表の光泉高校と対戦します。
また、日川の中沢キャプテンは選手宣誓の大役を務めることになりました。
「聞いている人が良いと思ってくれる宣誓がしたい。
正月越えを果たして花園ベスト8の壁を越えたい」(日川高・中沢俊治主将)
日ロ関係のシンポジウム 12/03 19:15
これは山梨学院大学が開いたもので「日露関係のゆくえ」をテーマに、山梨学院大学名誉教授のサルキソフ・コンスタンチンさんが講演しました。
サルキソフさんは「今月15日に山口県で首脳会談が行われること自体が日ロ関係が良くなるチャンスだ」と指摘しました。
その上で「これまで課題としている北方領土問題の解決に向けて動き出すことが、平和条約締結への出発点になりうる」と話しました。

山梨QB 初勝利ならず 12/03 19:15
バスケットボール女子Wリーグの山梨クィーンビーズはきょう甲府市で新潟と対戦しましたが初勝利とはなりませんでした。
今シーズン開幕から16連敗中の山梨クィーンビーズ。
きょうは甲府市に新潟を迎え互いに初勝利をかけた試合となりました。
試合は立ち上がりから一進一退の攻防が続き、前半は35対34で新潟に1点リードされて折り返します。
逆転したいクィーンビーズですが後半に入ると新潟にリードを広げられる展開となり結局86対69で敗れました。
初勝利とはならず開幕17連敗です。
クィーンビーズはあすも甲府市総合市民会館で新潟と対戦します。

ティーボールで熱戦 12/03 19:15
ティーボールとは、ティーにおいたボールを10人連続で打ち、3イニングでの得点を競う野球に似たスポーツです。
甲府市の小瀬スポーツ公園には県内の32チーム約400人の小学生が集まりトーナメント戦で熱い戦いを繰り広げていました。
また、会場では富士吉田市出身で埼玉西武ライオンズの前の監督、田辺徳雄さんによる野球教室も行われ子どもたちにバッティング指導をしていました。

自宅に争った形跡、走り去る軽乗用車 12/02 18:55
甲州市の男性が、長野県内の畑で遺体で見つかった事件です。
男性の自宅に争ったような形跡があり、遺体で見つかった日の未明、侵入事件があった勤務先の店の前から走り去る、1台の軽乗用車が目撃されていたことが分かりました。
甲州市大和町の貴金属買取店の従業員斉藤弥生さん(36)は先月27日、長野県南牧村の畑に埋められた状態で見つかっています。
その後の捜査関係者への取材で、斉藤さんの自宅1階に、争ったような形跡が残されていたことが分かりました。
これまでの調べで斉藤さんは、遺体発見前日の先月26日午後8時ごろ、勤務する昭和町の貴金属買取店を出て、自宅に戻ったことが分かっています。
この店には、翌日の午前3時頃、侵入した2人組の男が目撃されていますが、1台の軽乗用車が走り去るのを近くの住民が目撃していました。
「寝ていたら大きな音がして、外に出てみたら、帽子をかぶった男の人が2人が走って逃げていった、帰ってベランダにいたら、その2人が車(軽)に乗って逃げていった」(店舗近くの住民)。
警察は、斉藤さんが自宅で何者かに襲われた可能性があるとみて調べを進め、勤務先への侵入事件との関連も調べています。

笹子トンネル事故から4年 12/02 18:55
9人が死亡した中央道・笹子トンネルの天井板崩落事故から4年となった2日、追悼慰霊式が行われました。
この事故は4年前の12月2日、大月市の中央道上り線笹子トンネルで天井板が崩落し、男女9人が死亡したものです。
トンネル内の事故現場と出口付近では、遺族や道路を管理する中日本高速道路の関係者が、事故が発生した午前8時3分に合わせて、黙祷と献花を行いました。
このあと都留市で、追悼慰霊式が行われ、遺族の代表者が「なぜ、亡くなったのか真実を知りたい、安全を追求することが中日本高速道路の仕事です」と、改めて事故に対する無念の思いを述べました。
中日本高速道路は、安全対策の強化を全社員に徹底するとして、慰霊式の様子を本社と支社に向けて今年初めて中継しました。
この事故を巡っては現在、警察が業務上過失致死傷の疑いで捜査を続けています。
(画像=中日本高速道路提供)。

小学校で2分の1成人式 12/02 18:55
生まれてからちょうど10年を記念した2分の1成人式が、山梨市の小学校で行われました。
「児童手作りの2分の1成人式、テーマは力を合わせて感謝の気持ちを伝えようです」(記者)。
2分の1成人式は、生まれてからちょうど10年となる小学4年生を対象に、親子のつながりを再確認しようと、日下部小学校が数年前から毎年、行っているものです。
2日は児童が親を前に合唱を披露し、日ごろの感謝の気持ちを込めて書いた手紙を、手作りのキャンドルと一緒に手渡しました。
「10年間のありがとうの気持ちを伝えるために(手紙を)書いた」「(親からの手紙に)生まれてきてくれてありがとうと書いてあった」(児童たち)。
「すごい感動した」「感極まって涙がいっぱい出た」(親たち)。
会場では子どもの成長に涙を拭う親の姿も見られ、親子の絆を深める機会になったようです。

完熟農園「市が買い取るしかない」 12/02 18:55
破産手続きに入っている南アルプス完熟農園の債権者集会が甲府地方裁判所で開かれました。
建物の売却について破産管財人の弁護士は「民間への売却は難しく、市が買い取るしかない状況」と説明しました。
南アルプス市は、跡地利用を考える検討委員会の意見を踏まえた上で、判断するとしています。

お歳暮用花の大市 12/02 18:55
お歳暮やクリスマスの贈り物用の花のセリ市が、甲府市の山梨園芸市場で開かれました。
およそ300種類の花がセリにかけられ、園芸店などのスタッフが「てやり」と呼ばれる独特な指の動きを使って、お目当ての商品を競り落としていきました。
贈り物としては、シクラメンやポインセチア、それにシンビジウムが見た目やサイズが様々で、人気を集めているということです。

被害者の勤務先に2人組の男 12/01 18:55
長野県南牧村で起きた甲州市の男性の死体遺棄事件で、男性が遺体で見つかった日の未明、警報機が作動した男性の勤務先で2人組の男が目撃され、そのおよそ1時間後に北杜市で男性のものとみられる乗用車が、長野方面に向かっていたことが分かりました。
先月27日、長野県南牧村の畑で遺体でみつかった甲州市大和町の斉藤弥生さんは、前日の午後8時頃まで昭和町にある貴金属買取店(画像)に勤務していました。
そのおよそ7時間後の27日午前3時頃、この勤務先の警報機が作動し、室内には荒らされた形跡がありました。
捜査関係者によりますと、駆けつけた警備員が、目だし帽をかぶった2人組の男を目撃していたということです。
現場には斉藤さんが使っていたとみられる店の鍵も落ちていました。
また、およそ1時間後の午前4時頃、北杜市内の国道141号を、斉藤さんが普段使っているものと似た白の乗用車が長野方面に向かっていたことも新たに分かりました。
警察は昭和町の勤務先から逃走した2人組と、長野方面に向かった白い乗用車の関連についても調べています。

冬休みの食糧支援、フードドライブ始まる 12/01 18:55
給食のない冬休みに、生活に困っている子どもがいる家庭を支援するプロジェクト=フードドライブ活動がスタートしました。
フードドライブは、家庭や企業から食料を集め、生活に困っている人たちに届ける取り組みで、南アルプス市のフードバンク山梨が行っています。
県内各地の社会福祉協議会や高校・大学など30か所に食料の集荷場が設けられました。
今回のフードドライブは、給食がない冬休み中の経済的に厳しい子どもがいる家庭の支援が目的です。
フードバンク山梨は、支援が必要な家庭への情報提供で連携する協定を中央市と結んでいて、この冬、南アルプス市と笛吹市も加わりました。
このため今回集める食料は、夏の実施の2倍となる1000人分を目標としました。
食料を集めるフードドライブは、今月8日まで行われます。

やまなし「しぼルト弁当」発売へ 12/01 18:55
行政と民間企業が連携して、栄養バランスを重視した弁当を開発しました。
「やまなししぼルト弁当]というのですが、どのような特徴があるんでしょうか?食塩の摂取量が非常に高い山梨県。
あらたに開発されたお弁当は、食塩が3グラム未満と健康に配慮されています。
塩を抑えた「しぼルト」弁当は、山梨県の健康増進事業の一環として、セブンイレブン・ジャパンとイオンリテールが開発しました。
弁当は県が定めた健康の基準として、食塩が3グラム未満、野菜は120グラム以上、そして主食と副菜などが揃っていることが条件です。
1日は県庁で試食会が行われ、基準に合わせて作られた野菜ハンバーグ弁当と和食弁当を、後藤知事をはじめ県の幹部職員が試食しました。
「美味しい、味も普通のお弁当と比べても差異はまったくない」(後藤知事)。
こうした弁当を開発した背景には、全国で5番目に高い、山梨県民の一日あたりの食塩摂取量を抑えようという狙いがあります。
県は今回の弁当をモデルケースとして今後、弁当販売業者やレストランを対象に説明会を開き、県民の食生活の改善につなげたい考えです。
なお、2つの弁当は県内のセブンイレブンとイオンでそれぞれ2日から販売されます。

きょうから12月、歳末助け合い募金始まる 12/01 18:55
きょうから12月です。
歳末助け合い募金の受付が始まり、幼稚園児たちが募金に訪れました。
UTY厚生文化事業団では毎年、歳末助け合い募金の受付をしていて、今年も甲府市のUTY本社の受付に募金箱が設置されました。
初日の1日は、甲府市にあるいづみ幼稚園の園児73人が募金に訪れ、お手伝いをして貯めたおよそ5万円を寄付しました。
歳末助け合い募金の受付は今月22日までで、寄せられた浄財はUTY厚生文化事業団を通じて、県の共同募金会に贈られます。

県議会基本条例素案のまとめ、持ち越し 12/01 18:55
2月県議会が流会した問題の深い反省から、議会の役割などを定める条例を検討する委員会が開かれました。
会議では委員長案が示されましたが、「これまでの反省にたち」という言葉が入っていないことや、正副議長の選出は「原則立候補制にする」と明記した方が良いなどとする意見が寄せられ、素案をまとめるのは来週開く委員会に持ち越されました。