スゴろくニュース

山梨県内でもオミクロン株に置き換わっている可能性

2022.01.14 12:34

新型コロナウイルスの感染者数が急増している中、山梨県内でも、ウイルスがオミクロン株に置き換わっている可能性が高いことが、県の対策本部会議で報告されました。
県庁で開かれた対策本部会議では、13日までの1週間の県内の新規感染者数が255人で、その前の1週間の42人から5倍以上に増加している事が報告されました。
宿泊療養施設の利用者も含む病床などの使用率も21・6%と、前の週の約7倍に増加しています。
また、今年に入って13日までに県が行った変異ウイルスに関するスクリーニング検査138件のうち、132件95・7%でオミクロン株の疑いがあり、28件はオミクロン株と確定しているという事です。
県では「オミクロン株への置き換わりが急速に進んでいる」として、長崎知事は対策の徹底を指示しました。


114日(金)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース