スゴろくニュース

官製談合事件関連で初の裁判 収賄で起訴の市川三郷の前町議に懲役1年6か月を求刑 山梨

2022.01.11 19:35

町議会の審議で業者に便宜を図った見返りに、現金30万円の賄賂を受け取ったとされる山梨県市川三郷町の前町議に、検察は懲役1年6か月を求刑しました。
収賄の罪に問われているのは市川三郷町の前町議村松武人被告(80)です。
起訴状によりますと村松被告は、町議だった2021年6月、欠陥の疑いがあるとされた町の体育館について、受注した設計業者が不利にならないよう町議会で審議に便宜を図る見返りに、業者から現金30万円の賄賂を受け取ったとされています。
1月11日の初公判で村松被告は起訴内容を認め「賄賂を断ると支援者が減ってしまうと思った」「選挙で勝ちたかった」と話しました。
これに対し検察は信頼を大きく裏切る悪質な行為として、村松被告に懲役1年6か月を求刑。弁護側は社会的制裁を受けているとして執行猶予付きの判決を求めました。
判決は1月31日に開かれます。
なお1月12日は官製談合事件で逮捕・辞職した市川三郷町の久保眞一前町長の初公判が開かれ事件の本格的な審理が始まります。


111日(火)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース