スゴろくニュース

観覧車でドア閉め忘れ そのまま1周 地上50メートルまで上昇 富士急ハイランド

2021.11.24 20:07

山梨県の富士急ハイランドは、乗客が乗った観覧車のゴンドラのドアをスタッフが閉め忘れ、そのまま1周したと明らかにしました。
富士急ハイランドによりますと、11月24日午前10時頃、10代の女性2人が観覧車に乗った際、スタッフがゴンドラのドアを閉め忘れました。ゴンドラは地上50メートルまで上昇し約12分間で1周しましたが、女性2人にけがはなかったということです。
乗客が下りる際に別のスタッフがドアが開いたまま運行していたことに気づきその後、運行を休止しました。
この観覧車にはカギを閉め忘れている場合にブザーが鳴る装置が設置されていましたが、ドアの閉め忘れについての装置はなかったということです。
富士急ハイランドは安全対策として、観覧車を含む7つの高所のアトラクションについて点検が終了するまで運行を休止し、従業員にマニュアルのチェックを徹底するということです。


1124日(水)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース