スゴろくニュース

自民党山梨県連の会長選挙が告示 森屋参院議員が無投票当選

2021.11.24 20:07

自民党山梨県連の会長選挙が11月24日告示され、前の会長だった森屋宏参院議員が無投票で再選されました。
県議団分裂の溝がある中、来年の参院選に向けて候補者の選考や体制強化で手腕が問われることになりそうです。
森屋前会長は今年5月、県議団分裂を背景に辞表を提出し衆院選後に辞任しましたが「組織力強化の継続」などを理由に、今回の会長選への立候補を表明していました。
自民党県連は10月の衆院選を森屋会長の下で勝利しているだけに、告示日の11月24日は森屋さん以外に立候補の届け出はなく、無投票での再選が決まりました。森屋さんの任期は2年間でこれで4期連続で会長を務める事になります。
再選について森屋さんは「参院選や知事選統一地方選での勝利を目指し強固な政治基盤の上で内外の課題に取り組む」としています。
トップが決まった自民党県連ですが、県有地問題を背景とした県議団分裂の溝は深く、森屋会長は今後、一丸となれるような執行部の役員人事や来年の参院選の候補者選考などの課題に取り組むことになります。


1124日(水)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース