スゴろくニュース

食品ロス削減 生活が苦しい家庭を支援 県フードドライブ 3団体に寄付 山梨

2021.11.19 19:56

まだ食べられる食品を募るフードドライブです。
企業や山梨県民から700キロを超える食品が集まり、11月19日フードバンク山梨など県内の3団体に贈られました。
県は、食品ロスの削減と生活が苦しい家庭を支援しようと、家庭などで余った食品を募るフードドライブを11月15日から11月19日まで実施しました。
食品の寄付は、前回県職員だけが対象でしたが、2回目の今回は、一般の人からも募り、企業や県民から前回の倍以上にあたる700キロを超える食品が集まったということです。
そして11月19日、県の社会福祉協議会とフードバンク山梨、それに子ども食堂を運営する「にじいろのわ」の3団体に目録を手渡し食品を贈りました。
食品は、生活に困っている家庭に届けることにしていて、団体の代表者らは「冬休みやクリスマス年末年始を前にありがたい。
子どもたちの喜ぶ顔が目に浮かぶ」と話していました。


1119日(金)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース