スゴろくニュース

消防職員を懲戒免職 勤務中に同僚の財布からお金を盗む 以前にも停職処分 山梨

2021.11.19 19:59

勤務時間中に同僚の財布からお金を盗んでいたということです。甲府地区消防本部は、男性職員を懲戒免職処分としました。
懲戒免職処分となったのは、甲府地区消防本部に勤務する20代の男性職員です。
消防本部によりますと、この男性職員は、10月下旬から11月上旬にかけて、勤務中に職場にあった同僚の財布から3回にわたって合計4万円を盗んだとされています。
男性職員は「出来心で盗んでしまった」と話しているそうです。
消防本部では、この男性職員が以前にも同僚から金を盗み、停職の処分を受けていたことも踏まえて、公務員の信用失墜行為にあたるとして、19日付けで懲戒免職としました。
また、この男性職員の上司5人も「指導不足」として、訓戒や注意などの処分としました。


1119日(金)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース