スゴろくニュース

東京と埼玉で震度5強 山梨県内でも震度4 今回の地震について専門家は・・・

2021.10.08 20:28

10月7日夜、東京と埼玉で震度5強を観測する地震がありました。
山梨県内の最大震度は、忍野村で震度4でした。
今回に地震について専門家は、まだ数日は同じか、それ以上の規模の地震に注意が必要としています。
10月7日午後10時41分頃、千葉県北西部を震源とする地震がありました。
最大震度は、東京23区と埼玉県南部で震度5強を観測。
地震の規模を示すマグニチュードは6.1と推定されています。
県内の最大震度は、忍野村で震度4。
震度3を甲府市や、富士吉田市など15の市町村で。
この他の市町村でも震度2を観測しました。
県や県内各消防本部によりますと、これまでに県内で目立った被害は確認されていないということです。
東京都に近い上野原市では震度3を観測。
上野原駅で車内で客待ちをしていたタクシー運転手は、揺れを感じたといいます。
また、JR中央線の高尾駅で電車が停車中に地震にあった乗客は「いきなり携帯のアラームが鳴って驚いた。(電車は)30分から1時間遅れた」と話していました。
今回の地震について、地質学の専門家で山梨県立大学の輿水達司特任教授は「プレートがひしめき合っているところで、比較的深い所
でひずみの解消があった。地下30キロあたりで地震が発生すると、同じマグニチュードの規模であっても、人間の生活に近い所で起きれば、被害はもっと大きくなる」と解説しています。また、今後数日間は、今回と同じか、それ以上の地震に注意が必要としています。
このため、今回の地震で改めて避難や備えを家族や身近な人と確認して欲しいと呼びかけています。


108日(金)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース