スゴろくニュース

新型コロナ終息を祈願 手作りの「サルボボ」3000体で富士山

2021.04.02 20:22

新型コロナウイルスの終息を祈願し、山梨県富士河口湖町の観光施設では、地元で厄除けとされてきた人形「サルボボ」を3000体手作りし、富士山の形にして展示しています。
富士河口湖町西湖のいやしの里根場にある雑貨店の店内には、ちりめん細工の3000体の人形で形作った富士山が飾られています。
店によりますと、この人形は「サルボボ」で厄除けの神として古くから地域の神社にも奉納されてきたということです。
店主の横田さんが、新型コロナの終息を祈って千羽鶴と一緒にすべて1人で作り、飾りました。
この展示は、新型コロナが終息するまで続けるということです。


42日(金)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース