スゴろくニュース

山梨県の長崎知事「謝罪、撤回を」 「誹謗中傷なかった」発言の県議が反論

2021.02.22 19:20

山梨県議会の特別委員会で、山梨県議から名誉を傷つける発言があったとして知事が謝罪と撤回を求めている問題です。発言をした向山県議が「誹謗中傷はなかった」と2月22日文書で反論しました。
この問題は、県有地に関する特別委員会の中で、向山憲稔県議の「高額の弁護士費用が知事サイドに還流したのではないかという県民の声がある」といった発言に対し、長崎知事が名誉を傷つけられたとして謝罪と撤回を求めているものです。
知事は、対応がとられない場合は名誉毀損での提訴も視野に入れているとしています。
これについて2月22日、向山県議が特別委員会の委員長あてに反論する文書を提出しました。
このなかで発言について、「県民が抱く疑義を排するために行ったもので、知事の名誉を傷つけることや誹謗中傷は一切なかった」としています。
なお特別委員会では、この問題について正式な議事録ができ次第回答するとしています。
一方、長崎知事は「文書を確認してから回答したい」としています


222日(月)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース