スゴろくニュース

医療従事者が対象 ワクチンの先行接種 山梨県内でも始まる

2021.02.19 19:00

医療従事者を対象にした新型コロナウイルスワクチンの先行接種が、山梨県内でも2月19日から始まりました。
新型コロナウイルスワクチンの先行接種は、全国100の病院で約4万人の医療従事者に対して、2月17日から始まっています。県内では、甲府市朝日の山梨病院が先行接種の対象となっていて、2月19日午後3時から、ワクチン接種が行われました。初日の2月19日は、院長など24人が現在の体調やアレルギーがあるかなどの問診を受けた後、接種をしていきました。
ワクチンを打った後は、15分ほど待機して、副反応が出ないかの経過観察を行いましたが、この時点で目立った副反応はなかったということです。
副反応をめぐっては、海外で稀に強いアレルギー反応などが報告されています。
このため厚生労働省は、この先行接種で副反応を調べるための健康調査を実施し、山梨病院も協力します。
山梨病院では、約300人の医療従事者のうち同意を得た200人に接種することにしていて、3月4日頃までに1回目の接種を終える予定です。


219日(金)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース