スゴろくニュース

山梨県初 中央道大規模リニューアル工事の現場を公開

2021.02.18 19:00

開通から50年近く経っている山梨県大月市の中央道で行われている大規模リニューアル工事の現場が報道陣に公開されました。
中日本高速道路では管内の高速道路で供用開始から30年以上が経過した道路の割合が約6割となったことから各地で大規模なリニューアル工事を行っています。
このうち開通から47年が経過した中央道下り線上野原インターと大月インター間の左ルートでは中野橋のコンクリート床版の取替工事が行われていてその様子が18日に報道陣に公開されました。
コンクリート床版は橋を通過する車両の重さを分散させる役割があるもので経年劣化や冬にまく凍結防止剤の影響でひび割れなどを起こしていました。
なおこの工事が行われている左ルートは現在通行止めとなっていますが4月末までに規制解除を予定しています。


218日(木)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース