スゴろくニュース

不妊治療と仕事の両立に向けセミナー

2021.02.17 19:10

働きながら不妊治療を受けやすい環境づくりを進めようと山梨県甲府市で企業の管理職などを対象にしたセミナーが開かれました。
このセミナーは県などが開催したもので2月17日は企業の管理職や行政関係者ら約50人が参加しました。
国の調査では不妊治療をした人のうち16%が離職していて治療と仕事の両立が課題となっています。
講演では、山梨大学医学部産婦人科の平田修司教授が日本では300万組近くの夫婦が不妊症でそのうち100万組近くが治療を受けていると説明しました。
そして、不妊の原因は男性にもあるため女性だけでなく男性に対しても不妊治療と仕事の両立への理解が必要だと述べました。
また、不妊治療をしている職員に仕事との両立をしてもらうには社内体制の構築が必要と訴えました。


217日(水)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース