スゴろくニュース

約3800万円を脱税 山梨県甲府市の宝飾会社社長に有罪判決

2021.01.21 19:10

法人税など約3800万円を脱税したとされる山梨県甲府市の宝飾会社とその社長の裁判で、甲府地裁は社長の男に執行猶予付きの有罪判決を言い渡しました。
法人税法違反などの罪に問われているのは、甲府市の宝石・貴金属製造会社「エム・クラフト」と、社長の河野正人被告54歳で会社の所得を少なく偽った確定申告をし、法人税など約3800万円を脱税したとされています。
1月21日の判決公判で甲府地裁の横山泰造裁判長は、香港の実体のない法人からダイヤモンドを仕入れたように装い、会社の収益を減らす工作をするなど手口が計画的かつ巧妙で納税意識の乏しさを指摘。
一方すでに修正申告を行い税金については納付済みであるとし、河野被告に懲役1年、執行猶予3年の有罪判決を、会社に罰金1000万円を言い渡しました。


121日(木)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース