スゴろくニュース

大雪のおそれはなくなる 山梨県内各地で積雪 雪かき中の転倒も

2021.01.12 19:00

1月12日の山梨県内は、各地で一面の銀世界となりました。
山梨県富士河口湖町では、雪かきをしていた男性が転んで頭を打ち、救急車で病院に運ばれました。
甲府地方気象台によりますと、1月12日の県内は上空の寒気と低気圧の影響で昼前から雪となりました。
午後4時時点で各地に積もった雪は、河口湖で6センチ、山中湖で5センチ、甲府で4センチなどとなっています。
県内は、12日夜にかけて曇りとなる見込みで、大雪のおそれはなくなりました。
一方でこの雪による影響も出ています。
消防によりますと、1月12日、富士河口湖町で雪かきをしていた60代の男性が転んで頭を打ち、町内の病院に運ばれ軽傷の模様です。
交通機関に目立った影響は出ていません。
1月13日朝の予想最低気温は、甲府で氷点下3度、河口湖で氷点下6度とほぼ平年並みで、甲府地方気象台は、これまでに降った雪による交通への影響や路面の凍結に注意を呼びかけています。


112日(火)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース