スゴろくニュース

献血呼びかける「はたちの献血」キャンペーン

2021.01.11 19:10

献血呼びかける「はたちの献血」キャンペーン

献血をする人が減少する傾向にある冬場に合わせて、山梨県昭和町のショッピングセンターで街頭献血が行われました。
これは、寒さや積雪による外出機会の減少から献血者が少なくなる冬の時期の献血を呼びかけようと、県赤十字献血センターが毎年行っているものです。
11日は、イオンモール甲府昭和で街頭献血が行われ、医師が献血する人の体調などを問診してから、採血を行っていました。
県赤十字血液センターによりますと、山梨県内で2020年12月に献血を行った人は2112人で、目標を1割ほど上回っています。
しかし、雪などの悪天候や新型コロナウイルスの感染状況などにより、今後献血者が大きく減る恐れもあり、センターでは引き続き献血ルームなどでの献血への協力を求めています。


111日(月)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース