スゴろくニュース

全国高校サッカー選手権 山梨学院 全国制覇 11大会ぶり2度目

2021.01.11 19:14

山梨学院が日本一の栄冠に輝きました。
全国高校サッカー選手権大会決勝、山梨県代表の山梨学院は、激戦の末青森山田を下し、11大会ぶり2度目の頂点に輝きました。
初優勝した11年前と同じ青森山田高校との決勝戦、11年前とは違い、無観客で戦う選手たちに学校では160人の生徒がエールを送ります。
遠く離れた声援を受けながら山梨学院は前半12分、広沢が狙いすましたシュートを決めて先制します。
しかし後半12分、警戒していた青森山田のロングスローから、こぼれ球を押し込まれ同点に。
さらにその6分後には、左サイドを崩されて失点。
逆転された山梨学院ですが後半33分、ゴール前の混戦からフォワードの10番野田が決め、同点に追いつきます。
試合は、このまま延長に入りますが、青森山田の猛攻を最後まで山梨学院の守備陣が耐えしのぎ、優勝の行方はPK戦へ。1対1で迎えた青森山田の2人目、キャプテンのキーパー熊倉が魅せます。
さらに青森山田の4人目も外し、決めれば優勝の場面で、キッカーは2年生の谷口。これを決め、山梨学院が11大会ぶり2回目の高校選手権優勝。
冬空の下、青とエンジのユニフォームが日本一に輝きました。


111日(月)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース