スゴろくニュース

感染症対策行いながら 山梨県内最多の115校で始業式

2021.01.08 19:20

1月8日は、山梨県内の公立小中学校のうち最も多い115校で始業式が行われました。
このうち150人が通う甲州市の勝沼小学校では、感染対策として児童の間隔をあけるため、2回に分けて始業式を実施しました。
式では小川正仁校長が、今年の干支「丑」の文字には、新しいものを掴むという希望の意味もあると紹介した後、代表の児童が3学期に頑張りたいことを発表しました。
教室では体調確認などが行われ、児童らは感染症対策を行いながら学校生活をスタートさせました


18日(金)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース