スゴろくニュース

山梨県市川三郷町の特産品 大塚にんじん 児童が収穫体験

2020.12.01 19:00

山梨県市川三郷町で、大塚にんじんを地元の小学生が収穫しました。
12月1日は、市川三郷町の大塚小学校の3年生から6年生が、自分たちで種まきした大塚にんじんを収穫しました。
大塚にんじんは、この地区特有の「のっぷい」と呼ばれるきめ細かい土で栽培されるため、地下深く成長するのが特徴です。
1メートル近く成長したにんじんは、なかなか抜けず、児童は力を込めて抜き取っていました。
児童は「なかなか抜けなかった」、「炊き込みご飯にして食べたい」と話していました。
大塚にんじんは、独特の風味と甘味があり、収穫した約180キロは、児童らに配られ、一部は給食で振舞われます。


121日(火)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース