スゴろくニュース

100万円だまし取る 持続化給付金詐欺 グループの男女5人逮捕

2020.12.01 20:00

国の持続化給付金を巡る詐欺事件で、100万円をだまし取ったとして、詐欺グループの20代の男女5人が逮捕されました。
詐欺の疑いで逮捕されたのは、大阪府の自称、飲食店従業員古家智華容疑者と、すでに逮捕されている同じ詐欺グループの会社役員池上翔太容疑者ら20代の男女合わせて5人です。
警察によりますと、池上容疑者ら4人が古家容疑者に手口を指南し、「新型コロナの影響で収入が減った」などとウソの申請を行い、国の持続化給付金100万円をだまし取った疑いが持たれています。
5人は友人関係で、指南した4人のうち池上容疑者が指示役、ほかの3人が税理士をかたり、通信アプリ・ラインで具体的な申請方法を指南していたとみられています。
なお4人は、大学生に手口を指南したとして、10月に逮捕されていて、警察はグループでほかにも不正受給者に対し、繰り返し手口を指南していたとみて、余罪を調べています。


121日(火)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース