スゴろくニュース

スキー場ではゲレンデ作り 12月1日から師走 各地で今季最低気温

2020.12.01 19:00

本格的な冬が近づいてきています。
山梨県内各地で今シーズン最低気温となる中、山梨県鳴沢村のスキー場で、ゲレンデづくりが始まりました。
標高約1300メートルにある鳴沢村のふじてんスノーリゾートです。
12月1日は、氷点下3.8度となった午前3時からゲレンデづくりが始まり、作業員8人が、約20台の人工降雪機を稼働させました。
霧状にまいた水を空気中で凍らせ、雪を作ることから、ゲレンデ作りは気温0度以下、湿度80パーセント以下が条件となるため、日没から明け方にかけて、急ピッチで作業が進められます。
ふじてんでは、積雪を30センチにし、県内で最も早い来週中のオープンを目指しています。
なお12月1日の県内は、放射冷却の影響で各地で気温が下がり、山中湖で氷点下4.1度、甲府で1.2度など、観測10地点中8地点で今シーズン最低となりました。


121日(火)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース