スゴろくニュース

最先端の取り組みアピール 水素エネルギー研究機関 紹介ツアー

2020.11.26 19:00

山梨県内の水素エネルギーの研究機関を紹介するメディア向けのツアーが山梨県甲府市で行われました。
水素エネルギーなどの次世代エネルギーをめぐっては菅総理が「2050年までに脱炭素社会の実現を目指す」と宣言するなどその活用に向け注目が集まっています。
県内には米倉山をはじめ全国有数の水素エネルギーの研究機関があり、太陽光発電を利用した水素製造の実証研究など最先端の取り組みが進められています。
こうした取り組みを紹介しようと県は11月26日、報道関係者を対象にしたツアーを開催し県内外から17人が参加しました。
会場では次世代エネルギーの最新事例として大手自動車メーカーが連携して開発した外部に電気を供給できる給電器付きの燃料電池バスが披露されたほか知事や担当者が産学官が連携する県の取り組みを紹介しました。
このあと一行は山梨大学の研究センターなど県内の施設を見学し水素エネルギーの活用に向けた県内の取り組みに触れていました。


1126日(木)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース