スゴろくニュース

山梨県甲府市で見学会 ICT技術活用 ロボットで橋を点検

2020.11.13 19:15

山梨県甲府市で、ロボットを使って橋を点検するデモンストレーションが行われました。
11月13日は、甲府市の荒川にかかる千松橋で点検ロボットの見学会が開かれ、県や市町村の担当者ら約40人が参加しました。
従来の検査では、作業員が近くで見て、損傷の度合いを判断するため足場の設置など、大がかりな準備が必要でした。
しかし、このロボットには高性能カメラやセンサーが搭載されていて、画像はAI=人工知能に送られ危険性などが判定されます。
また、設置も1時間ほどで済み、手間がかかりません。
構造物の点検には熟練の技術が必要ですが、職員の高齢化や人手不足が課題となっていて、県ではロボットの活用に期待を寄せています。
県では、今回のロボット点検の結果を作業員の検査と比較し、精度などを検証することにしています。


1113日(金)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース