スゴろくニュース

新型コロナウイルス感染拡大 山梨県知事「第3波」「最大級の警戒を」

2020.11.13 20:15

山梨県内でも新型コロナウイルスの感染者が急増していることを受け、山梨県の長崎知事は緊急で会見し「第3波が来ている」「最大級の警戒をしてほしい」と呼びかけました。
県内では、11月12日新たに8人の感染が確認され、11月12日までの1週間の感染者は、50人と過去最多になっています。
長崎知事は、11月13日の会見で、県民に対して最大級の警戒が必要だとし、いわゆる3密を避けること、マスクの着用や手洗い、換気など感染防止対策の徹底を呼びかけました。
一方で、首都圏などとの往来については「制限をかける段階ではない」とし、GoToトラベルなどで県内を訪れる人に対しては、グリーン・ゾーン認証取得施設の利用や店舗の感染防止のルールを守るよう求めました。
また、確保するベッドの数の計画をフェーズ1から2に引き上げ、現在の70床から130床以上としたことを明らかにしました。
感染者の急増について、県の専門家会議のメンバーの藤井充知事政策補佐官は、感染者が急増している理由について「確たる原因は分からない」としたとうえで、気のゆるみがあるのではないかと指摘しました。
一方で、8割程度は感染経路を特定していて、ある程度拡大が抑えられているという認識を示しました。
また、これから寒い時期となり密集、密閉がおきやすいとして、換気を徹底してほしいとしています。


1113日(金)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース