スゴろくニュース

関係団体などが参加 児童虐待防止へ ネットワーク会議

2020.11.06 19:15

児童虐待ゼロに向けた取り組みが始まりました。
山梨県は、児童虐待防止に向け、関係団体などが参加したネットワーク会議を11月6日発足させました。
県が新たに設置したのは、「子どもを守る山梨ネットワーク会議」で、関係団体や有識者などが連携強化を図り、児童虐待防止を目指します。
11月6日は、第一回目の会合が開かれ、全国アンケートの結果から、短い診察時間で子どもの虐待を判断するのは難しとする医療現場の現状が報告されました。
一方で、県に寄せられた児童虐待の相談件数は、2018年度は約1500件で、統計開始以来増加傾向となっています。
県では、児童虐待が疑われる場合の相談ダイヤル「189」の普及も図っていくことにしています。


116日(金)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース