スゴろくニュース

11月からオリジナル料理提供 ブランド魚「富士の介」メディアツアー

2020.10.20 19:20

山梨県が約10年かけて開発した山梨県のブランド養殖魚、「富士の介」のオリジナル料理の提供が県内の宿泊施設などで11月から始まります。
それを前に10月20日、メディア関係者にお披露目されました。
「富士の介」は、キングサーモンとニジマスを交配して開発された県のブランド養殖魚です。
県は宿泊施設を支援しようと、11月からオリジナル料理を提供するフェアを県内のホテルや旅館などで開催することにしていて、10月20日はメディア関係者に料理が振る舞われました。
山梨県笛吹市のきこりでは、刺身や木の子のチーズ焼き、それに和風あんかけなど創作料理が並びました。
県農政部坂内啓二部長は「富士の介を通じて山梨の良さをPRできれば」と話しています。
「富士の介フェア」は11月3日からグリーン・ゾーン認証を取得した31の宿泊施設と飲食店で始まりそれぞれの施設が考案したメニューが提供される予定になっています。


1020日(火)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース