スゴろくニュース

10月31日から販売 富士山をイメージ 青いビール系飲料開発

2020.10.19 19:25

10月31日から販売 富士山をイメージ 青いビール系飲料開発

富士山をイメージした青いビール系飲料が開発されました。
山梨県内のスーパーなどで10月31日から販売が始まります。
新たに開発されたのは富士山をイメージしたビール系飲料「青い富士山〈生〉」です。
これは土産品の企画を手がける「富士山プロダクト」が県内の醸造所などと連携して開発したもので色づけには天然の色素を使用し青い飲料と白い泡で富士山を表現しています。
フルーティーな香りが特徴で飲みやすい口当たりになっているということでクラフトビールの人気の高まりなど地方の酒に注目が集まるなかで富士山プロダクトは観光への効果も期待しています。
この商品は1本330ミリリットルの瓶が税抜き900円となっていて初回は6000本限定で10月31日から県内のスーパーなどで販売される予定です。


1019日(月)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース