スゴろくニュース

解説を聞きながら古墳をめぐる

2020.10.18 19:00

解説を聞きながら古墳をめぐる

約1600年前につくられた古墳を山梨県の専門の職員の解説を聞きながらめぐるイベントが甲府市で行われました。
このイベントは県埋蔵文化財センターが行ったもので、18日は甲府市の曽根丘陵公園にある5つの古墳と遺跡を専門の職員が案内しました。
このうち約1600年前につくられた銚子塚(ちょうしづか)古墳は全長169メートル、高さは15メートルで県内で最も大きい前方後円墳です。
周りには、突出部と呼ばれる石を敷いてつくった場所があり職員は「故人を偲ぶ際に使われたとされている」などと説明していました。
イベントに参加した小学6年生の男の子は「
古墳時代のことをたくさん知ることができてよかったです」と話していました。


1018日(日)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース