スゴろくニュース

会見で謝罪も具体的な説明避ける 山梨県大月市 公金約218万円を紛失

2020.10.16 19:59

会見で謝罪も具体的な説明避ける 山梨県大月市 公金約218万円を紛失

山梨県大月市は公金約218万円を紛失したとして10月16日記者会見で謝罪しました。しかし、警察の捜査に支障をきたすとして公金の種類などの詳しい説明は避けました。
紛失したのは大月市役所福祉課で管理していた公金で現金217万5000円です。
市によりますと10月12日の午前中現金が無くなっていることに職員が気づきました。
市は関係する職員に聞き取り調査を行いましたが見つからず10月15日警察に相談したということです。
市は10月16日会見して謝罪したものの紛失した公金の種類などについて警察の捜査に支障をきたすとして具体的な説明を避けました。
現金にした公金は本来会計課の金庫で保管する決まりでしたが今回紛失した公金は福祉課の中で保管されていたものでずさんな管理体制が浮き彫りになりました。
市では紛失した公金を探すとともに公金の適正な取り扱いの徹底を図るとしています。


1016日(金)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース