スゴろくニュース

山梨中央銀行の偽造カード 新たにクレジットで1件20万円被害

2020.10.15 19:00

山梨中央銀行のカードが偽造され被害が出た問題で、銀行側の調査で新たに偽造されたクレジットカードの利用が更に1件確認され、20万円の被害があったことがわりました。
キャッシングによる現金の引き出しは10月14日、山梨県外の商業施設のATMで行われていました。
一方、被害の公表から一夜明けた10月15日、山梨中央銀行の本店や支店には午前中から通帳の記帳などで多くの人が訪れていました。
また、銀行には暗証番号の変更や今回被害がなかったICカードへの切り替えといった問い合わせが相次いでいるということです。
これまでの不正利用による被害はキャッシュカードとクレジットカード合わせて180万円で、手口はカード情報を盗み取って偽造カードを作る「スキミング」の可能性が高いとみられています。


1015日(木)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース