スゴろくニュース

パラアスリートが講演 小学校で義足の体験授業

2020.10.14 19:20

子どもたちが義足のアスリートの話を聞き実際に義足で歩くことを体験する特別授業が山梨県甲府市の小学校で行われました。
10月14日、中道南小学校の5年生と6年生が参加しパラ陸上の走り幅跳びで日本記録を持つ又吉康十選手が東京からリモートで授業を行いました。
又吉選手は大学3年生の時に事故で左足を切断したもののパラスポーツを通して世界中のアスリートと交流ができ今は充実していると語りました。
また、子どもたちの義足体験では義足は空き缶を潰すような強さで踏み出すといいとアドバイスしていました。
またこの日は樋口雄一甲府市長も訪れ子どもたちと一緒に義足で歩く体験をしていました。


1014日(水)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース