スゴろくニュース

山梨県の本栖湖で長時間駐車相次ぐ 町営駐車場 有料化や時間制限を検討

2020.10.12 19:00

この夏、本栖湖で町営駐車場に長時間車を停める観光客が相次ぎ、観光協会の売上が大幅に落ち込みました。
山梨県富士河口湖町では、来年度町営駐車場の有料化や時間制限を検討することになりました。
本栖湖観光協会によりますと、今年8月から9月にかけて、本栖湖畔にある約150台が停められる2か所の町営駐車場に、長時間駐車をする観光客が相次いで確認されました。
さらに中には駐車場横の広場にテントを張り、許可なくサップ、スタンドアップパドルボードの貸し出し営業をしている光景もみられたということです。
町営駐車場の利用は無料で時間の規制はありませんが、今年は長時間駐車が大幅に増えたため駐車場を利用できない車が目立ちました。
本栖湖ではこの夏、例年より1割から2割ほど観光客が増加したということですが、駐車場の問題で協会の売り上げは5分の1以下となりました。
町では問題を受け、町営駐車場の有料化や利用時間の制限などを検討していて、早ければ来年3月の町議会に対策案を提出するということです。


1012日(月)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース