スゴろくニュース

内定時期が数か月遅れ 雇用情勢悪化する中 積極採用企業も

2020.10.07 19:15

山梨県甲府市で来年春に大学を卒業する学生などを対象にした就職説明会が開かれました。
新型コロナウイルスの影響で雇用情勢が悪化する中、企業の中にはチャンスと捉え積極的に採用に臨んでいるところもありました。
甲府市が主催した説明会には、市内に事業所のある製造業や小売業など65社と学生ら約200人が参加し、それぞれ仕事の内容や福利厚生などについて説明したり自己PRをしたりしていました。
今年の就職活動には新型コロナウイルスの影響で様々な変化があり、市によりますと、企業の採用活動の開始が遅れたことで学生の内定の獲得が例年よりも数か月遅れているということです。
さらに県内の8月の有効求人倍率は0.9倍で3か月連続で1倍を下回っていて、山梨労働局では宿泊業と派遣業が新型コロナの影響を大きく受けているとしています。
説明会に参加した企業の中にも求人数を減らしたところがあるということですがこうした状況でも積極的に人材の確保を進める地元企業もありました。
市では継続して市内の企業と学生のマッチングに努めたいとしています。


107日(水)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース