スゴろくニュース

公立小中学校のピークは10月 山梨県甲府市の児童 延期になった修学旅行へ出発

2020.09.30 19:00

延期になっていた修学旅行に山梨県甲府市の児童が出発しました。
新型コロナウイルスの感染拡大の影響で延期になっていた修学旅行に、9月30日甲府市の児童が元気に出発しました。
県内の公立小中学校の修学旅行のピークは10月となっています。
修学旅行に出発したのは、甲府市の北新小学校の6年生45人です。
当初は5月に2泊3日で東京・神奈川を訪れる予定でしたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて延期になりました。
学校で検討を重ねた結果、当初より1日短い1泊2日の日程で、比較的感染者の少ない静岡県内の富士サファリパークや登呂遺跡などを巡る内容に変更しました。
感染防止策は移動中や旅先でも徹底します。
定期的に体温を計るほか、バスを乗り降りする際に手をアルコール消毒します。
また、宿泊施設では密集しないよう広い部屋を3~4人で使用し、訪問先では全員ではなく、5~6人のグループで行動することにしました。
さらに移動のバスでは他の児童との間隔を空ける対策をとっています。
例年とは違った形の修学旅行となりますが、子供たちは元気に出発しました。
県教育委員会によりますと、県内の公立の小中学校246校のうち、甲府市など16の中学校は修学旅行を中止し、小学校の半数以上は行き先を変更しました。
なお実施予定の小中学校のうち、ほとんどの学校で日程を延期していて、半数近い109校が10月実施する予定だということです。


930日(水)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース