スゴろくニュース

新型コロナの経済支援 緊急小口資金など35万円詐欺 組員逮捕

2020.09.29 19:40

新型コロナウイルスの影響で収入が減った世帯に貸し付ける「緊急小口資金」など合わせて35万円をだまし取ったとして暴力団組員の男が逮捕されました。
詐欺の疑いで逮捕されたのは指定暴力団稲川会系の組員佐々木誠容疑者です。
新型コロナウイルスの経済対策である「緊急小口資金」と「総合支援資金」の貸し付けは暴力団組員が含まれている世帯は対象外となっていますが警察によりますと佐々木容疑者は暴力団組員であることを隠して山梨県社会福祉協議会に申込書を提出し合わせて35万円を自分名義の口座に入金させだまし取った疑いがもたれています。
警察の調べに対し佐々木容疑者は容疑を否認しています。
佐々木容疑者は暴力団員による傷害事件で9月2日に逮捕されていますがこの報道を見た社会福祉協議会の職員が警察に相談し今回の逮捕に至りました。


929日(火)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース