スゴろくニュース

市制施行後、初の選挙戦 山梨県甲斐市長選挙 現職の保坂氏が4選

2020.09.21 19:57

市制施行後、初の選挙戦 山梨県甲斐市長選挙 現職の保坂氏が4選

現職と新人の一騎打ちとなった甲斐市の市長選挙は9月20日投票と開票が行われ現職の保坂武市長が4回目の当選を果たしました。
甲斐市長選の結果です。
保坂武さん1万7586票、横山洋介さん1万1065票、現職の保坂さんが前の市議の横山さんに約6500票の差をつけ4回目の当選を果たしました。
2004年の合併による市の誕生以来甲斐市長選が選挙戦となったのはこれが初めてでしたが投票率は47・01%でした。
今回の選挙は3期12年の保坂市政の是非が最大の争点でしたが長崎知事や推薦を受けた自民党の国会議員が応援に入るなど組織的な支援を受けた保坂さんが選挙戦を有利に進め当選しました。
保坂さんの4期目の任期10月3日からです。


921日(月)

ご意見・ご感想
情報をお待ちしています

県内ニュース